リモート・ワークで求められる業務効率!CodeScopeで利便性アップ!!

CodeScopeは5250スクリーンで、検索・照会やメニューなどのポップアップ・ウィンドウを作成する製品です。

適用業務プログラムのデータ入力作業では、取引先コードや商品コードなどを正しく入力する必要がありますが、対象コード確認のために別の照会画面からコードを検索し、もとのプログラムに戻ってそれを入力する、といった手順で業務実施されているかもしれません。

 

CodeScopeによって、適用業務で必要とされる機能のポップアップ・ウィンドウを作成し、それを5250画面に表示させ、対象コードの値を自画面のフィールドに取り込むことが可能です。

5250スクリーン

ウィンドウ内に表示されたレコードを検索し、そこへカーソルを移動して実行キーを押すだけでコードが入力されます。検索は日本語でも可能です。

CodeScopeのポップアップ・ウィンドウを使用することで、プログラム操作の一度中断なくし、少ないキー操作で必要なデータの検索と入力を可能にし、既存プログラムの利便性を向上します。

また、ポップアップ・ウィンドウは同一画面に複数表示が可能なので、画面を往来する手間も少なくできます。


CodeScopeについて詳しくはこちら