パワフルなマルチDB連携ソリューション
Connect CDC

Connect CDC(旧・MIMIX SHARE)は、さまざまなプラットフォーム上にあるデータベースの同期を実現するソリューションです。IBM iだけでなく、Linux、Windows、AIX上の異なるDB間でデータの同期・交換・強化が行えます。IBM i DBの負荷分散を目的に、照会業務などを別サーバーで実施したい場合や、異なるDB環境に移行させたい場合にも対応可能です。

Connect CDCの基本的な仕組み

 製品の特徴

異なるDB間で高速かつ正確な同期・交換・強化を実現

・MIMIXと同等の強力なエンジンにより、異なるDB間で高速かつ正確なデータの同期・交換・強化を実現します。

・レプリケーション(複製)先のデータベース・フォーマットに合わせて自動で変換を実行します。

・双方向のレプリケーションをサポートし、目的に合ったHA構成を実現します。

設定・管理がGUIベースで容易

・GUIベースのオペレーションで、設定・操作を簡単に行えます。

・同期・複製対象のデータ(テーブル)をマッピング登録するだけで設定可能です。対象フィールドのレイアウトやデータ型の相違にも柔軟に対応します。

・リアルタイムまたはバッチのリプリケーション方式を選択できます。

データの安全を確保する強固な仕組み

・レプリケーション(複製)先のデータベース・フォーマットに合わせて自動で変換を実行します。

多様なプラットフォームをサポート

以下のプラットフォームおよびDBをサポートしています。

データベース

・MS SQL Sever 2000
・DB2 for i
・DB2 UDB
・DB2/MVS
・ORACLE
・SYSBASE

OS

・Windows
・AIX
・OS/390
・IBM i(OS/400)
・Z/OS
・Solaris
・Linux
・HP-UX

ハードウェア

・Windowsサーバー
・Power Systems
・IBM z
・HP
・Sun Microsystems

Connect CDCの特徴

 動作環境 

 MIMIXファミリー製品群   

資料ダウンロード

こちらより資料をダウンロードする事ができます。
チェック