IBM i上の全資産を詳細に可視化・分析する最強ツール
ARCAD-Observer

IBM iポータル オープンキャンペーン実施中!

ARCAD Observerのライセンス価格を大幅ダウン!(2021年3月31日まで)

¥400,000 ⇒ ¥360,000(保守:¥80,000) 
キャンペーン・チラシはこちら  

ARCAD Observerは、IBM i上の情報資産を分析し、その構造や相関関係、矛盾を見える化するツールです。具体的には、プログラム資産やオブジェクトの利用状況を可視化したり、プログラムとソースの整合性のチェック、プログラムやデータベースの相関関係を明らかにします。

これにより、プログラムの保守コストを低減したり、新しいアプリケーションを開発する際の効率を飛躍的に高めることができます。

ARCAD Observerの仕組みは、IBM i上のアプリケーションやデータベースのオブジェクトをARCADの「分析データベース」へ取り込み、オブジェクト相互の相関関係をデータベース化するところから始まります。

ARCAD Observerの概要

そして、この強力なデータベースに対して、ARCADクライアントから自由かつ多角的な分析を行うことによって、さまざまな情報資産の可視化が可能になるのです。また、分析の結果は、HTML形式のドキュメントにまとめられるので、分析作業を行っているPCだけでなく他のPCからも参照でき、スムーズな情報共有を行うことができます。

整合性のチェック 赤枠は対応するオブジェクトのないソースメンバー

ARCAD Observerによって出力可能なリストは、次の通りです。

ARCAD標準リスト一覧

 相関関係分析の特徴

ARCADの相関関係分析は、3つの大きな特徴とメリットを持っています。1つは、影響範囲をビジュアルに表示できる点、2つ目はHTMLドキュメントに出力できるので簡単に情報共有できる点、3つ目はドキュメントのバージョン管理によって変更履歴を正確に管理できる点です。

相関関係の分析

プログラム相関図への切り替え

ARCAD Observerでは、次のような相関関係の分析が可能です。

ARCAD HTMLドキュメント情報一覧

 製品の特徴

DX/モダナイゼーションの力となる先進的な情報資産分析機能を提供

ARCAD Observerの情報分析機能は、IBM iシステムを発展的に活用しようとする時に強力な武器となるものです。その分析は、IBM i上の資産の隅々に及び、個々のオブジェクトやアプリケーション、データベースの相関関係をビジュアルに明示化します。

IBM i上のすべての情報資産が対象。RPG・COBOLのほか、Java・PHPも 

ARCAD Observerは、IBM i上のRPG・COBOLアプリケーションだけでなく、IFS上に存在するJavaやPHPなども対象とし分析します。IBM i上のあらゆる情報資産を分析対象にできる点が強みです。

収集した情報はIBM i上で一元管理

分析対象のライブラリから収集したデータ(データベース)はIBM i上で一元管理されます。さらに、その情報およびドキュメントはバージョン管理が可能です。これにより、IBM i上のすべてのデータの統合的な管理が行え、保守や新規開発を効率化し、スピードアップさせます。

エミュレータやWindows端末(GUI)で操作可能

IBM i上の資産の情報収集は、IBM iのエミュレータ、またはWindows端末のGUIで行えます。業務システム単位やシステム全体など、分析対象を任意で指定できます。情報収集後のドキュメント作成はWindows端末で行います。ドキュメントは、必要なオブジェクト(プログラム、データベース等)を指定して出力可能です。またHTML形式で出力されるため、ブラウザ搭載のデバイスであれば、どのような端末からも参照できます。

製品の特徴

 ARCADシリーズ製品

資料ダウンロード

こちらより資料をダウンロードする事ができます。
チェック