必要なセキュリティ機能を選択できるモジュール製品
isec_baseopt

このページでは、 iSecurity Base Packのオプション・モジュールをご紹介します。

 iSecurity Base Packオプションのモジュール

Screen

Screenは、一定時間放置していた端末に画面ロック(パスワードロック)をかけることができる5250エミュレータ用スクリーンセーバーで、システムや機密保護ファイルの改ざん行為を防止できます。また、一定時間放置されていた端末の強制サインオフも可能です。

Screenの概要

Capture

Captureは、ユーザーがシステムのサインオン画面でサインオンしてからサイオンオフするまでの操作(画面遷移)をすべて記録できます。ログには画面に入力された値、コマンドなども記録されているため、ユーザーが実際に行った操作を視覚的に捉えることができます。誰が、いつ、どのような行為を行ったかを詳細に追跡可能です。

Journal

Journalは、重要なファイルへのアクセスをレコードレベルで監視する機能を提供します。

Document

Documentは、FirewallとAuditで取得したログを用いて、アクセス分析レポートを作成する機能を提供します。直近で起きたセキュリティイベントに関して、スピーディに分析レポートの作成が可能です。

Authority

Authorityは、ユーザープロファイルの持つ特殊権限を他のユーザープロファイルに貸与する機能です。ユーザープロファイルの変更、新規作成の必要がないため、特定のユーザープロファイルに一時的に権限を与える必要がある場合などに非常に効果的です。権限移譲ルールを事前に登録しておけば、ユーザーによる申請のみで権限付与(または、別ユーザーに置き換わる「プロファイル・スワップ」)が自動で行われます。

Authorityの概要

iSecurityの特徴

 iSecurity製品

資料ダウンロード

こちらより資料をダウンロードする事ができます。
チェック