オブジェクトからソースプログラムを作成する独自サービス
IBMi 逆コンパイルサービス

長期にわたりIBM iを運用している場合、ソースプログラムが紛失し、適切なプログラムメンテナンスに支障が生じるケースが見られます。内部統制の観点からも、ソースプログラム が明確ではないプログラム環境は問題視されます。

そこで、プログラムオブジェクトから直ちにソースプログラムを再作成するのが、三和コムテックの「IBM i 逆コンパイル・サービス」です。

IBM iのPRGコンパイラは実行可能コードの作成だけでなく、テーブル類やストラクチャに関する全情報を作成します。この特徴を利用した「IBM i 逆コンパイル・サービス」では、どんなプログラムオブジェクトからも、オリジナルとほぼ同一の新しいソースプログラムを即座に作成することが可能です。

逆コンパイルサービスの概要

 「IBM i 逆コンパイル・サービス」シリーズ

RPG/400 逆コンパイル・サービス

RPG/400、RPG38、RPG36のプログラムオブジェクト(識別情報の除去されていないもの)からオリジナルのソースプログラムを再作成します。フィールド名、EXCPT/SUBR名は元の名前が再現されます(内部コメントは再現されません)。

COBOL/400 逆コンパイル・サービス

COBOL/400のプログラムオブジェクト(識別情報の除去されていないもの)からオリジナルのソースプログラムを再作成します(内部コメントは再現されません)。

NOP RPG/400 逆コンパイル・サービス

識別情報の除去されたRPG/400のプログラムオブジェクトから、機能的に同等のプログラムを作成します。

RPG Ⅱ 逆コンパイル・サービス

RPG Ⅱのプログラムオブジェクトから、機能的に同等のプログラムを作成します(ユーザー定義のアセンブラサブルーチンは逆コンパイルされません)。

CL、DDS 逆コンパイル・サービス

CPFリリース8、OS/400、IBM i のDDS、CLP(識別情報の除去されたもの)からオリジナルのソースを再作成します。

 その他製品 

資料ダウンロード

こちらより資料をダウンロードする事ができます。
チェック