小単位のテストデータを生成可能なIBM i用プログラム・テストツール
Aldon_analyzer

Aldon Analyzerは、IBM i専用のプログラムテストツールです。独自のアルゴリズムを使用して、膨大な本番データファイルから小単位のテストデータを抽出・作成します。

通常、開発者は本番中に発生するであろうデータを予想しながら、多くの時間を費やしてテストデータやテストパターンを作成します。その結果を検討し、さらにテストパターンを追加して、テストデータ自体の品質を向上させる努力を重ねます。

しかしAldon Analyzerであれば、開発ライフサイクルの最終段階であるプログラムテストおよび品質検査を高度な機能で支援し、高品質で信頼性の高いアプリケーション運用を実現します。

Aldon Analyzerによるプログラムテストの流れ

 製品の特徴

プログラムを実行し、レポートを出力

・RPGおよびCOBOLのプログラムを対象にテストを実施します。
・プログラムを実行し、検査結果をレポート出力します。
・プログラム中の不必要な部分、つまり論理的に実現できない部分があれば明示します。
・実行したプログラムがプログラム全体に占めるパーセンテージを表示します。
・テスト中に実行された変更ソース行のパーセンテージを表示します。
・どのソース行が実行されたか、実行されなかったかを表示します。
・各ソース行の実行回数を表示します。

テストデータを迅速に作成

・膨大な本番データファイルから、独自のアルゴリズムを使用して、少量単位のテストデータを自動的に抽出・作成します。

・適切な少量単位のデータを利用してテストを実施すると、1回の実行だけで、膨大な本番データを使用した場合と同じ結果を短時間で出力できます。

 その他製品 

資料ダウンロード

こちらより資料をダウンロードする事ができます。
チェック